結婚生活の始まり!婚姻届にはどんなこと書くのか事前にチェック!

婚姻届

おふたりが夫婦となるために提出しなければならいのが婚姻届。

今回は、婚姻届の記入事項について詳しく解説していきます。

婚姻届の記入事項

届出日

婚姻届の届出日には、実際に婚姻届を提出する日を記入します。

記入した日ではなく届け出る日となるので、注意してくださいね。

不備がなければそのまま受理され、届出日が「入籍した日」となります。

氏名

苗字で迷ってしまう方も、多いかもしれませんね。

ですが、ここで記入するのはあくまでも旧姓です。

生年月日

おふたりの生年月日を年号で記入します。

住所

おふたりそれぞれが住んでいる現住所を記入します。

住所とともに、世帯主の記入が必要です。

一人暮らしの場合は、自分が世帯主。

実家暮らしの場合は、父親が世帯主となっているケースが多いです。

また、おふたりが一緒に住んでいる場合は、「夫と同じ」でOKです。

父母の氏名

両親の氏名を記述します。

両親が他界している場合でも、氏名を記入する必要があります。

また、両親の氏名を記述した下に、両親から見た続柄(「長」「ニ」など)を記入してください。

婚姻後の夫婦の氏

婚姻後に、どちらの氏になるのか記入します。

  • 「夫の氏」
  • 「妻の氏」

とチェックボックスがあるので、レ点を記入しましょう。

新しい本籍

夫婦の氏のチェックボックスの隣には、新本籍の記入欄があります。

国内の土地台帳の記載地であれば、どこでもOK。

実家やおふたりが住んでいる場所にするケースが多いようです。

同居を始めたとき

ここでは、

  • 結婚式を挙げた日
  • 同居を始めた日

のうちの早いほうを記入します。

  • 「結婚式をまだしていない」
  • 「同居もまだ」

という場合は、空欄で大丈夫です。

夫婦の職業

1~6番の項目が示されています。

このなかから、当てはまる職業にチェックします。

届人署名押印

おふたりの旧姓を記入し、印鑑を押します。

おふたりそれぞれの印鑑を押印してください。

連絡先

携帯番号など連絡のとれる電話番号を記入してください。

不備がある場合は連絡がきます。

証人

20歳以上の方であれば、誰でもOK。

ふたりの証人が必要となります。

証人となる方の

  • 署名
  • 押印
  • 住所
  • 本籍

を記入してもらいましょう。

まとめ

以上が婚姻届の記入事項ですが、いかがでしたか?

「難しいのでは…」と考えていた方も多いかもしれませんが、実は記入内容は簡単なものばかり。

自分の戸籍情報などを事前に確認しておけば、難しいことはありません。

「急だと上手に書けないかも…」と不安な方は、予備をもらって練習してみるのもよいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする