入籍後に会社で必要な手続きを確認しておこう!

会社

入籍後も会社で働き続ける場合は、いろいろと手続きが必要。

今回は、入籍後に会社で必要な手続きについて、確認していくことにしましょう。

入籍後に会社で必要な手続き

身上変更申請書

家族構成が変わったときなどに申請する書類です。

男性の場合は、扶養の家族が増えるときなどにも使用します。

旧姓と一緒に新姓へと変更する手続きは、身上変更申請書の提出にて行うのが一般的です。

住所変更届

結婚に伴い引っ越しをしたときは、住所の変更届を提出する必要があります。

通勤手当区間変更届

結婚にともない引っ越しをした場合には、通勤経路が変わることもあるでしょう。

そうなると、かかる交通費が変わりますよね。

そのような場合に提出するのが、通勤手当区間変更届です。

通勤経路やかかる交通費を記入して提出します。

また、交通費の増減にともない月収が変わる場合は、「月額変更届」の提出が必要となることもあります。

慶弔金申請書

会社によっては、結婚に伴って慶弔金を支給してくれるケースも。

これは、結婚祝金の支給を受ける際に提出する書類です。

また、結婚祝金以外には、永年勤続慰労金・災害見舞金などの支給を受ける際に使用します。

会社によっては制度を設けていない場合もあるので、事前に確認が必要です。

結婚届

会社によっては、上記のような申請書類を結婚届として、まとめて一つの書類として用意していることもあります。

会社によって申請の仕方や書類形式は異なるので、上司の方や総務の方に事前に確認してくださいね。

給与振込み口座の変更届

口座の氏名変更をした場合、会社にも名義が変わったことを伝える必要があります。

書類にて届け出を行うケースが多いようです。

名刺の変更

新姓で仕事を行う場合は、名刺の氏を変更する必要があります。

なお、人によっては旧姓のまま仕事をするという方もいらっしゃるでしょう。

そのような場合には名刺の変更は必要ありませんが、大切な取引相手の方には、

  • 結婚をしたこと
  • 仕事ではこれまでどおり旧姓で働く

という旨をお伝えしておいたほうがいいでしょう。

会社が行ってくれる手続き

各種申請をしたあとは、会社側が、

  • 雇用保険
  • 住民税
  • 社会保険

などの手続きを行ってくれます。

個人で行う難しい手続きはないので安心してくださいね!

まとめ

以上、入籍後に必要な会社での手続きについて、確認してきました。

今回チェックした内容は、あくまでも一般的な手続き。

会社によって、必要となる届け出や申請は異なります。

上司や総務の方に確認しながら、必要な手続きを済ませましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする