入籍しなくても夫婦?事実婚のメリットとデメリットとは?

婚姻届

「一生を添い遂げる」という覚悟をしたふたり。

ですが、なかには入籍をしないで「事実婚」を選ぶ方もいらっしゃいます。

今回は、事実婚という結婚のかたちについて考えていくことにしましょう。

事実婚とは?

事実婚とは、お互いが婚姻の意志を持ち、なおかつ夫婦としての生活実体がある状態のことをいいます。

よく「内縁の妻」や「内縁の夫」という言葉を耳にしますが、これは事実婚の状態です。

とは言っても、一緒に暮らしている同棲カップルが、すべて事実婚というわけではありません。

事実婚として認められるのは、お互いに婚姻の意志がある状態。

たとえ夫婦のような生活実体があったとしても、お互いに婚姻の意志がなければ事実婚ではないのです。

また、事実婚には、「婚姻届」などの提出は一切なし。

住民票を同一世帯とし、片方の続柄を「夫」や「妻」とすることが多いようです。

事実婚のメリット

続いては、事実婚のメリットについて考えていきましょう。

旧姓のままでいられる

事実婚では、基本的には夫婦別姓。

「旧姓のまま仕事がしたいから」という理由で事実婚を選ぶ方もいらっしゃるようです。

氏名を変更する必要がない

結婚して氏が変わると、なにかと手続きが必要。

事実婚であれば氏が変わらないので、当然手続きが不要です。

別れてもバツイチとならない

もし、ふたりが別れてしまっても、戸籍にバツがつくことはありません。

もちろん、離婚届も提出する必要がないので、法律婚よりも簡単に離れることができるでしょう。

事実婚のデメリット

次に、事実婚のデメリットについて考えていきましょう。

子供の籍について問題が生じやすい

事実婚の夫婦に子供が産まれると、その子供は母親の籍に入ります。

父親と法的に親子関係を結ぶためには、認知の手続きが必要。

籍についての問題が生じやすいようです。

税金の控除が受けられない

事実婚では、「配偶者控除」や「扶養控除」が認められていません。

税金の控除が受けられないのは、デメリットとして考えられるでしょう。

生命保険の受取ができない

事実婚の夫婦の場合、生命保険の受取人として相手を指定することはできません。

法的な関係ではないため、原則として保険会社に認められないのです。

また、事実婚の夫婦同士には、相続権がありません。

そのため、相手に遺産を残したい場合には、遺言書が必須となります。

夫婦のかたちは人それぞれ

夫婦のかたちは、人それぞれ。

事実婚にはメリットとデメリットがありますが、それは入籍をする法律婚でも同様。

お互いが納得できる「夫婦のかたち」を選んでくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする